フォトアルバム

ウェブサイト構築(ホームページ作成)、システム開発や宣伝、SEO、ビジネスモデル構築、サーバまでITコンサルタントの視点でワンストップに提供しています。 兵庫県姫路市 東京都
株式会社スイム
[兵庫県姫路市]

兵庫県南部 姫路・加古川・明石・神戸のタウン情報(グルメ・雑貨・エステなど)を取材記事で紹介兵庫県南部 姫路・加古川・明石・神戸のタウン情報(グルメ・雑貨・エステなど)を取材記事で紹介

兵庫県姫路市,加古川市,高砂市,福崎市,たつの市,太子町,相生市,赤穂市などの新卒・転職の求人情報サイト兵庫県姫路市,加古川市,高砂市,福崎市,たつの市,太子町,相生市,赤穂市などの新卒・転職の求人情報サイト

58万のBlogで最も読まれているのは?
今すぐチェック

« ブログパーツ HOT ARTICLE 開発中・・・ | メイン | 究極の技術集団Google »

2006年9 月 7日 (木)

吉野家の牛丼は不死身ブランドか?

WEBとは少し離れた話題なのですが、吉野家の話題。
いわずと知れた”牛丼”のトップブランドです。

わが社の近くにも徒歩圏に吉野家があり、スタッフも重宝している。
牛丼が販売停止になってからというもの、店は一時閉店していた。
最近になって、牛丼復活の兆候が現れると、再度店がOPENし営業している。
今は、豚丼がメインメニューと言ってしまっても、嘘にはならないでしょう。

そんな、吉野家が、9月18日(月)に「牛丼復活祭」を行なうそうです。

吉野家のサイトでも大々的に表示されています。
キャンペーンリンクの画面占有面積が50%近いという、総力キャンペーンを実感できる状態です。

通常、ブランドとしてあまりにも大きな主力商品を失ってしまえば、その価値さえも失い、 その復活はブランドの立ち上げとそう変わらないほどのパワーを要するのですが、まさに看板商品を失った吉野家は、 その復活の兆しだけでブランド力を増してしまえるほど力強いブランド力を見せ付けている。

看板商品を失ってからも、”牛丼の吉野家”として、某巨大掲示板から、 有名お笑いFLASHまでさまざまな場所で吉野家の名は挙がり続ける様は、インターネットという”大衆のメディア化”が、 大衆のブランドである吉野家大きなブランド力を与え続けている。といった一面を感じているのですが、いかがでしょうか?

GIGAZINE 吉野家、9月18日に「牛丼復活祭」を開催
より

------------------------------------------------------------

最後まで読んでいただきありがとうございました。
感銘、反感、納得などご感想があれば是非、コメントをしていってください。
また、当サイトはブログランキングに参加しています。一つの指標にしていますので、
よろしければ、この 人気blogランキング へのリンクから応援してください。
※別窓で開きます。

トラックバック

トラックバックを要求する記事で必ず当記事へのリンク、もしくはアドレスを表記してください。表記の無い場合は承認いたしません。

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a012877516a58970c012877516bbd970c

Listed below are links to weblogs that reference 吉野家の牛丼は不死身ブランドか?:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2009年10 月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

ウェブサイト構築(ホームページ作成)、システム開発や宣伝、SEO、ビジネスモデル構築、サーバまでITコンサルタントの視点でワンストップに提供しています。
株式会社スイム [兵庫県姫路市]
ウェブサイト構築(ホームページ作成)、システム開発や宣伝、SEO、ビジネスモデル構築、サーバまでITコンサルタントの視点でワンストップに提供しています。