フォトアルバム

ウェブサイト構築(ホームページ作成)、システム開発や宣伝、SEO、ビジネスモデル構築、サーバまでITコンサルタントの視点でワンストップに提供しています。 兵庫県姫路市 東京都
株式会社スイム
[兵庫県姫路市]

兵庫県南部 姫路・加古川・明石・神戸のタウン情報(グルメ・雑貨・エステなど)を取材記事で紹介兵庫県南部 姫路・加古川・明石・神戸のタウン情報(グルメ・雑貨・エステなど)を取材記事で紹介

兵庫県姫路市,加古川市,高砂市,福崎市,たつの市,太子町,相生市,赤穂市などの新卒・転職の求人情報サイト兵庫県姫路市,加古川市,高砂市,福崎市,たつの市,太子町,相生市,赤穂市などの新卒・転職の求人情報サイト

58万のBlogで最も読まれているのは?
今すぐチェック

« GoogleCalrnder日本語版、携帯電話と連動。 | メイン | CNET Japan Innovation Conference 2006 Autumn »

2006年9 月20日 (水)

Googleと政治

11月の中間選挙を目前に、Google(本社:カリフォルニア州マウンテンビュー)も他の大手IT企業にならってワシントン政界に影響を与えようと、戦略的な動きを見せた。
Googleは米国時間9月18日、政治活動委員会(PAC)の設立に必要な書類を連邦に提出したことを認めた。PACとは、候補者や政治的目標実現のために資金を提供する組織だ

MicrosoftやIntel、Oracleといった大企業はすでに、PACを通じた資金提供を政治的戦略の一環として活用しているそうですが、Googleも政治的優位を築くために後を追う形だ。

Googleは、「ネットの中立性」を企業姿勢にした、非常に公共要素を持つ企業としてすでに大きな影響力を発揮しつつある。
このような、政治的思惑の渦に身を投じることについて、私は賛同しかねる。

企業論としては十分に理解できるのだが、Googleは一種の”権力”になりつつある企業でもある。
マーケットへ”権力”を持つGoogleが政治的”権力”をもつ怖さは一消費者として正視できない。

これが、世界に強い影響力を持つアメリカとなると、なおさらである。

この辺りの警鐘を詳しく書いてある本を紹介しておきます。
前半は、Googleの戦略や、有用性をタイムリーに読み解き、後半は、懸念を書いている。
WEB業界の人ならずとも、ビジネスマンであれば、一読の価値はある本です。
読みやすいので、1~2時間でよめるのではないでしょうか?

グーグル、政治活動委員会(PAC)を設立へ
より

------------------------------------------------------------

最後まで読んでいただきありがとうございました。
感銘、反感、納得などご感想があれば是非、コメントをしていってください。
また、当サイトはブログランキングに参加しています。一つの指標にしていますので、
よろしければ、この 人気blogランキング へのリンクから応援してください。
※別窓で開きます。

トラックバック

トラックバックを要求する記事で必ず当記事へのリンク、もしくはアドレスを表記してください。表記の無い場合は承認いたしません。

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a012877516a58970c012877516b68970c

Listed below are links to weblogs that reference Googleと政治:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2009年10 月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

ウェブサイト構築(ホームページ作成)、システム開発や宣伝、SEO、ビジネスモデル構築、サーバまでITコンサルタントの視点でワンストップに提供しています。
株式会社スイム [兵庫県姫路市]
ウェブサイト構築(ホームページ作成)、システム開発や宣伝、SEO、ビジネスモデル構築、サーバまでITコンサルタントの視点でワンストップに提供しています。